「フレンド歯科クリニック」のブログ

なぜ人に寿命があるのか。

子供の時からなぜ動物や人には寿命があるのか疑問でした。でもこれには理由があるらしいです。インフルエンザウィルスの寿命(ウィルスは細胞を持たないので厳密には生物ではないですが)は6時間らしく、非常に短いです。しかし短期間で世代交代をするので、新しいワクチンが開発されてもすぐに耐性を持ったインフルエンザウィルスが生まれて死滅しません。人を含めて生物はこれと同じように、環境に適応するために適度な期間で寿命を迎えるようです。